Structure構造・性能

安心・安全な 住まいであるために。

夢のマイホームを実現したいと願うお客様にとって
永くお住みいただくために「安心」をどう担保すべきか。
地域に密着しながら提案するグランファーレの
住まいづくりをご紹介いたします。

木造軸組金物工法

日本古来から伝わる伝統的な工法で、在来工法とも呼ばれています。「柱」・「梁」・「筋交い」を組み合わせた丈夫なつくりで、増改築もしやすいうえに、気候風土に最も適した工法のひとつとして人気も高く、現在でも日本の住宅では最も多い工法とされています。 また、「木」の素材が持つ「断熱性」や「吸放湿性」などの能力のほか、人の精神を安定させる成分にも改めて注目されています。グラファーレは、この伝統的な工法に加え、近代的な金物で補強することにより、耐震性・耐久性を向上させています。強固に固定された構造体は、一体となって耐震性・耐久性を向上させ、地震などの外力から家の安全を守る、地震に強い家となっております。

プレカット加工システム

主な構造木材は、現場での施工前に工場などで原材料に切断・加工を施す「プレカットシステム」を採用。コストの削減と工期の短縮を実現し、手加工の様な品質のバラツキがなくなります。また、この工法により現場での端材やゴミの発生を抑えることができます。

剛性工法

グラファーレの住まいは、1階と2階の床に剛性工法を選びました。これは構造用面材を土台と梁に直接留めつける工法で、床をひとつの面として家全体を一体化することで、横からの力にも非常に強い構造となります。家屋のねじれを防止し、耐震性に優れた効果を発揮します。又、重力を面に分散させることで、床鳴りを抑える働きにもなります。

外壁通気工法

木造住宅の外壁の中は室内からの湿気が入り込み、カビの発生や木材の腐敗の原因となる壁体内結露が起こる可能性が高いとされています。このような状態を改善するために壁体内の湿気を透湿防水シートという材料で壁を覆い、外壁材との間に外気が流れる層をつくることによって、壁内の湿気を透湿防水シートから通気層を通して外部に放出する手段が「外壁通気工法」です。この工法により、壁体内結露を少なくすることが出来、建物の耐久性も飛躍的に向上します。

住宅性能表示
最高等級同等仕様

断熱材

グラファーレの断熱材は、壁と天井に高性能グラスウールを使用しており、不燃のガラスを主原料としており、火災時の延焼防止の一助となる断熱材料と言えます。また、燃焼時に猛烈な発煙や有毒なシアン系ガスを発生しないため、避難時の安全確保にも有効な建築材料と言えます。経年変化が少なく、長期間性能を維持でき、高温多湿条件でも形状安定性に優れた断熱材料で、プラスチック系断熱材のような温度変化による収縮等の変形が見られず、断熱欠損のない安定した断熱性能を発揮します。私たちの身近で最も熱を伝えにくいものは静止した空気です。外壁通気工法と共に、グラスウールはガラス繊維の間に大量の静止空気を含み、高い断熱性能を発揮します。

1.1年を通して家の中で快適です!

暖房
寒い季節でも室内は暖かい

真冬の夜の冷え込みが緩和され、断熱効果が持続。快適な室温を保ちます。

>>>真冬でも家全体が暖かい
>>>風呂場などの冷え込みが緩和

冷房
冷気を逃がさない

冷房効果が持続し、家中快適に過ごせます。

>>>2階の暑さも軽減
>>>広いリビングでも冷房が効く

2.燃えないグラスウールで
火災に備える!

火災 万一の延焼でも燃え難い

不燃素材のグラスウールは燃えません。

3.床暖房なしでも快適なフローリング!

快適 床断熱で足もとから快適

足裏は特に温度に敏感です。床断熱で足もとから快適さを実感できます。※1階のみ

4.シロアリ被害に
強い家で安心!

防蟻 シロアリに強い

実験の結果、グラスウールは、ほとんど食害を受けていません。

飼育ビンに各種断熱材を入れイエシロアリの職蟻500頭、兵蟻50頭を投入。30℃の恒温器内で40日間飼育し、断熱材の食害状況を観察。(農業大学農学部林産科学研究室「シロアリ食害試験報告」)

5.長く住んでも変わらない
断熱性能!

高耐久 長期間、断熱性能を維持

実験の結果、グラスウールは、形状変形がみられず長期間に渡って安心です。

写真は、高温多湿条件を再現したオートクレープ法による促進試験結果※を示しています。※(温度:108℃、湿度:100%、 1時間暴露)

お電話でのお問い合わせ

TEL.042-464-8788

受付期間:9:00~18:00(※年末年始を除く)

メールのお問い合わせ